お洒落テクニック!トートバッグやショルダーバッグで可愛く演出!

いくらキレイな洋服を身に着けていても小物が合っていなくては、せっかくの洋服も台無しになってしまいまいます。バッグと洋服がマッチしたファッションはとてもステキに見えます。

お香や線香とグレードの高い香木

香木とはその名の通りになりますが、良い香りがする木のことです。

白檀(びゃくだん)や伽羅(きゃら)が有名で、お香やお線香にも使われていますので知っている香りがあるかもしれません。

気持ちを落ち着かせたいときや、こころ新たにしたいときなど、香木を焚いてみてはいかがでしょうか。値段は高い物からお手頃の物まで幅広く用意されていますので、まずは手がでやすいところから購入してみて、もしも気に入るようでしたら少しグレードの高い物と比べてみてはいかがでしょうか。

やはり高価なものは、とても透き通ったとても良い香りがしますよ。お線香などでも同じですが、特別な日は少しグレードの高いお線香をあげてみてはいかがでしょうか。

線香に使われる沈香や伽羅の香木

香木の沈香は「じんこう」と発音し、その語源は「水に沈む」からだといわれています。沈香は主にインドネシア等の熱帯のジャングルに生えている木で、その木に何らかの原因で傷がつくとそこに樹脂が固まり、それが元となります。

樹脂のため重ければ重いほど良質なものとされ、生木から採ったものよりも枯れた木が途中に埋まり、樹脂だけ残ったものは余分なものが腐ってなくなっているため高級品とされています。

伽羅はその沈香の中でもさらに良質のものをいいます。その語源はサンスクリット語で黒を表す「カーラグル」からきているといわれています。

伽羅も沈香も高価なものですが、ほんの少量でとても良い香りがします。機会があったらぜひ焚いてみてください。とてもリラックスすることができるでしょう。

お香は本来は伽羅、沈香、白檀などの天然の香木の香りのことをさすが、線香、焼香、抹香、塗香などの総称として「お香」という言葉が使われます。良い香りがするので、癒しを得る為のアイテムとしても人気です。

癒し効果のあるお香や線香

心にも体にも疲れが溜まっていて何か癒し効果のある物を求めている人も多いのではないでしょうか。

マッサージに行ったり、アロマテラピーやお香などを試す人も多いでしょう。

ヒーリング効果のあるグッズはたくさんあり、誰でも簡単にゲットする事ができます。その中でもアロマテラピーや線香、お香は自宅で簡単にできます。そして、すぐに利用する事ができるので寝る前にこれらを利用してぐっすりと眠る事もできます。

この様にたった少しの工夫で癒し効果を実感する事もできます。できるだけ疲れやストレスはためない様にしたいですね。

お線香が作られている工場

工場で作られているお線香は、どの様にして作られているのか知りたい人も多い様です。完成した物を見ているだけでは分からない部分も多く、やはり気になる事でしょう。

お線香の製造を行っている会社の中には、工場見学を行っている所もあります。希望者を対象として、お線香がどの様にして作られているのかという事を実際に見学できるチャンスを提供している事もあります。

今では工場見学に出かけるファミリーも多い様ですので、なかなか見る機会がないお線香の製造工場に出かけてみるのもいいでしょう。お線香が作られる工程を知るという事は、子供だけでなく、大人にとっても多いに勉強できる部分があるでしょう。

コンパクトで使いやすいお線香

最近ではリビングに小さな仏壇を設置しているという人も増えているそうです。それに伴いお線香についても、できるだけコンパクトで使い勝手がいい物が選ばれる事もあるそうです。コンパクトで使いやすいお線香は、置き場所に困る事がないというのはもちろんですが、燃焼時間も短いので、多忙なライフスタイルの人にも適しています。

お線香に対しても好みや使い勝手を重視する人が増えています。お店に行くとあらゆるお線香がありますので、自分の生活を考えながら選ぶのもいいでしょう。お線香の火が燃えている間は、しっかりと管理を行わないといけません。自宅にいる時間が短い人などは、よく物を選びましょう。

お線香やお香でリフレッシュ

みなさんはストレスがたまっていたり、疲れたと感じた時はどの様にしてリフレッシュしますか。軽く運動をしたり、音楽を聴くのもいいでしょう。また、ゆっくり寝てお風呂にじっくり入るというのも良いですね。

人によってもリフレッシュの方法は様々です。現在はストレスがたまりやすいと言われています。何らかの形でリフレッシュする事が大切なのではないでしょうか。

おすすめのリフレッシュ方法があります。それはお香やお線香です。

お香やお線香は天然の香木を用いて作られています。そのため、リフレッシュ効果を実感できる人も多いのではないでしょうか。

お香やお線香の関連情報

ページトップへ戻る