お洒落テクニック!トートバッグやショルダーバッグで可愛く演出!

いくらキレイな洋服を身に着けていても小物が合っていなくては、せっかくの洋服も台無しになってしまいまいます。バッグと洋服がマッチしたファッションはとてもステキに見えます。

焼香の際の遺体との対面の作法

焼香の際には、遺族の許可があれば故人のご遺体と対面することができます。

通夜なら白い布で、葬儀なら棺の蓋によって覆われているので、まず故人に向かって一礼してから布なら顎から頭頂部に向かってそっと覆いを外し、棺の蓋なら片側ずつ丁寧に開いて対面し、静かに手を合わせます。

また、通夜では「死に水」や「末期の水」と呼ばれる水を含ませた脱脂綿などで故人の唇を潤す行為が行われることもありますが、地域や宗派によって異なるので焼香炉の側にそういったものがあるかどうかで判断します。

遺族の意向によっては対面を遠慮するようにお願いされる場合もあるのでその場合は一礼するのみに留め、ご遺体には触れず死に水も取らずに焼香に移ります。

焼香のときの抹香は両手で

焼香するとき、回数は一度でも三度でもいいと言われていますが、抹香をつまむときには、親指、人差し指、中指の三つでつまむことは大切な心得です。同時に、両方の手を使うことがしきたりとされていますので、注意が必要です。

左手に数珠などがあると、つい右手だけで抹香をつまみ、頭のところまで持ち上げ、そして香炉の近くでつまんだ抹香を落とし、焼香するということになりがちですが、つまんで、頭のところに持ち上げるときは、左手も添え、両手を使うようにするのが、習わしなのです。ご飯を頂くときに、左手が遊んでいる人がいますが、作法としてはお皿などに左手を添えるのと同じです。

焼香のマナーの関連情報

ページトップへ戻る