お洒落テクニック!トートバッグやショルダーバッグで可愛く演出!

いくらキレイな洋服を身に着けていても小物が合っていなくては、せっかくの洋服も台無しになってしまいまいます。バッグと洋服がマッチしたファッションはとてもステキに見えます。

喪主による焼香の仕方

仏教形式で行われるお葬式においては必ず焼香を行います。

これは故人を弔うため、お別れのしるしとして、自身の身を香により清めるため、といった意味合いがあるのですが、焼香には順番があります。

まずは僧侶、そして喪主です。その後に遺族、来賓、親族、参列者と続きますが、喪主は特別な何かをするのかというとそうではありません。飽くまでもマナーとしては他の親族や参列者と特段変わりはありませんが、焼香は宗派により抹香を指でつまむ回数が異なりますので、順番が早いことから前へ倣えができないので、事前にその宗派の回数を理解しておくことが大切です。

お線香と同じ香で作られている焼香

お葬式の時になどによく利用される焼香ですが、焼香も実はお線香と同じ香で作られています。お線香は練り固めて、形が整えられています。

しかし、焼香は細かく砕かれた状態のままになっています。

そして、焼香の方法は香炉に香を入れます。そうする事で焚く事ができます。焼香のやり方には宗派によってさらに細かいマナーが決まっている事があります。

他の人が焼香を行うのを見て、マネして行う人もいますが、どんな状況でも一人でできるというのが理想的ではないでしょうか。

葬儀における焼香と合掌の作法

焼香をする際には基本的な作法があります。まず、右手の親指、人差し指、中指でお香を摘み額の高さまで持って行きます。そして摘んだお香を香炉の中へと指を擦りながら落としていきます。これを宗派によって回数の違いがあるものの約1回から3回ほど行うのが通例です。

また、葬儀場の規模などによって立礼、座礼、回しと3つの焼香のスタイルがあるので、可能であれば事前に式場や様式を把握しておく方が好ましいです。

次に合掌です。まず両手を隙間があかないように合わせ、数珠をその両手の人差し指と親指の間にかけます。そして全体的に力を入れずに胸のあたりに構えます。宗派などによって細かな違いを挙げると限がありませんが上記のものが代表的な例となります。

焼香のマナーの関連情報

ページトップへ戻る